2016/12/31

【完全】約定したら負け【監視】

先週、Twitterに動画を何本かアップローダにUpしたとTweetしましたが、サーバから無くなる前にいつも通りニコニコにもUpしました。そのリンクを貼るついでにと言ってはなんですが、各動画の解説を付け加えたいと思います。

今回は前回に引き続いて残りの下二つの部分についてやりたいと思います。
自分の注文数の列(ピンクの列)が処理の都合上、0.2~0.5秒ぐらい遅く描画されてる事を脳内で補正してもらえれば、アルゴの応答速度の即時性の凄さがわかると思います。
☆ ニコニコに再UPした動画一覧

[6541] グレイスT [20161221]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30268981
寄り付く瞬間の1秒を1/50倍速で見てみると・・・
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30269084
先頭の方に買い指値した途端に悶絶売り気配
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30274478
これぞ【ザ・追いかけっこ】っていう部分
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30269455
これぞ【ザ・追いかけっこ】っていう部分・・・②
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30288014
それにしても 見事な追っかけっこ・・・ 腹立つ(´;ω;`)ブワッ
毎日、ほぼ全ての注文がこれですから本当に腹が立ちます。注文を出すほぼ全ての局面でこのような妨害を受けます。どんな銘柄のどのような局面でも起こると考えて良いでしょう。適度な板薄の銘柄だけではなく、メガバンクや新日鉄、トヨタといった超大型株でも、逆に日銀や歌舞伎座のような激薄銘柄でも同じことです。以前ニコにUpした日銀会合の結果発表の時のMUFJhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm29693120 の一番左)や任天堂祭りhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm29313802 の左から二番目、右二つはSB)の動きを見てもらえればわかるはずです。

板なんか入ってるように見えるだけ、どうせ大半はウソ(>_<)

(指値ポチー) → あ、入んね!
(訂正ポチー) → なんだよ、入んね!!
(訂正ポチー) → まーた、入んねーよクソが!!!
(訂正ポチー) → あっ・・・(察し)

皆さんも何度も体験してると思いますが、詳しく書くとこういうことですよね。三回目で約定しちゃうとホンマ大変・・・。初めの指値の時に邪魔用に出て来た指値から合わせて計三つ分のお邪魔虫が全て容赦なく取り消されるので、約定した瞬間にはすでに高値で取り残された状態・・・ヤラレ必至の状態になります。しかも、大抵の場合はご丁寧に下値を付けて、さらに売り指値も指しまくりやがります・・・死ね!

 コンピュータの指値が入ってくるんなら
 先にこっちが買っておいて指値すればいいじゃん!


と思うかも知れませんが、それは浅はかです。
まとめると右図のようになりますが、新規でポジションを取る場合とそうでない場合でアルゴの玉が入るかどうかに関して決定的な違いがあります。自分が既に持っていてさらに増す時には実はあまり入ってきません。自分のポジションの平均単価より有利な価格にはまず入らないと思っていいでしょう。

完全に監視されてる・・・

と、こちらが感じる根拠がここでも浮かび上がってきます。一日あたり数百件~数千件の注文発注・訂正を毎日毎日やっている僕が、ここまでハッキリとした以前は存在しなかった差を感じさせられているワケですから、明らかに何かが操作されていると断言できます(`・ω・´)

それに、何より大事な事を付け加えておきますが、アルゴの注文であろうとなかろうと
他者の注文を誘引する行為はそれ自体が違法行為です!

結局、インチキアルゴの収益というのは、人間とコンピュータとの差・・・機器やプログラム自体の能力差、違法行為をやるかやらないか(←ここが一番重要)等によって出来る、人間の全参加者が受ける不利の積み重ねとインチキアルゴが受ける有利の積み重ねの差分だと言えます。右図のように、リーマン積分を導入時に語られる上積分と下積分の関係を当てはめると理解しやすいかも知れません。

その差を拡げる・・・すなわちアルゴ側が有利になるような環境を作り上げたのが、処理速度を無駄に速めたり、小数導入したりと、トンチンカンな改革を進めてる取引所であり(これは仕方のない面もあるが)違法行為を見逃している役所だというのだから笑えません

最近ようやく、彼らも間違いを認めるようになったので、今後改善される方向に進む事を祈りたいですね(´∀`)

最後に先日の東芝の寄り付きから10分の板もUpしたのでこちらもご覧下さい(´∀`)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30327264

2016/12/25

2016 有馬記念(G1・中山・芝2500)

◎ サトノダイヤモンド
菊花賞からの有馬に直行した菊花賞馬の結果がそもそも良い上に、近年の中でも菊花賞の内容が強かった。タフな馬場こなせるし展開も向きそう。しかも、サイン的にも今年は「カジノ解禁」でサトノの年だからそれも心強い。ここをクリアして来年は日本代表として海外のレースを転戦して欲しい。
但し、この世代はここまでが本当に厳しいレースを重ねて疲弊してる、特に菊花賞が厳しいレースだったので、ここでまさか・・・も考えておかないといけないなと思うと、典型的な圧勝か着外かのパターンになるのではないか。

〇 アルバート
去年と違いステイヤーS連覇のスタミナが生きる馬場。そして状態が去年とは段違いな点。そして下に述べるサイン要因もあって抜擢。

△ キタサンブラック
去年や前走よりも先行馬が揃っててかつ内馬場荒れまくりの状況なので、明らかにツライ。それでも3着以内に残るぐらい強い馬の可能性もあるけど、右の図から見てもあって3着まで。

他の△
シュヴァルグラン(ハーツクライ産駒で状態良化)
アドマイヤデウス(サイン要因
マリアライト(厳しい展開の宝塚勝ち馬)
ヤマカツエース(母父グラスワンダー)
ミッキークィーン(池江厩舎の有馬4歳馬成績)

大穴はデニムアンドルビー。人気の盲点はこれ。
前走超久々であり得ない不利受けて、それでも3馬身差の8着ですからね。

ゴールドアクターは得意の中山2500とは言え、去年より相手強化な上に、状態が去年よりは悪いと思うので切った。但し馬場は凄い向くと思う。
サウンドオブアースは続けて好走しないのと、ゴールドアクターとキタサンブラックにずっと負け続けてる馬がここで先着出来ると思えないので切った。

買い目は
☆ サトノ圧勝のパターンは ⑪ → (⑮、⑭、⑩、⑯、④、⑧、⑬) → ①
★ サトノ着外のパターンは ⑮、⑭、⑩、⑯、④、⑧、⑬ のワイドBOX
で拾えば良いと思います。


と、序章はさておき、ブログに書いただけでも過去2回当ててるサイン馬券のコーナーです(;´∀`)

2016年を将来振り返った時に何と表現するかな?と考えた時に、予定外とか想定外とかサプライズとか・・・ま、誰でも思いつきそうなありきたりな奴を昨日までは考えて居たんだけど、馬柱見て今から書く方を採用することにしました。
アドマイヤデウスとアルバートの父 Admire Don 

ブレクジットだの米大統領選だのプーチン来日だの、今年ほと先進国のトップが注目された年は無かったと思うんですよね。しかも来年も欧州で選挙、日本も恐らく総選挙ということでますます国のドンの注目が上がる・・・これだ!と思いました。

米大統領選で爺が老婆を僅差で差し切ってドンになり世界中がお祭りなったので、アドマイヤドン産駒から牝馬に流してキタサン(祭りこれで行くことにします。買い目で言うと
(⑩、⑮)→(⑧、⑬、⑯)→① の6通り
(⑩、⑮)ー(⑧、⑬、⑯)のワイド6通り
ドン産駒が2頭とも来ちゃうパターンはワイド⑩-⑮で拾う
こんな感じで良いでしょう。配当付くでしょうからね(´∀`)

元々考えてた「」で行くなら外枠の4頭のBOXや、本予想と合わせてサトノ1着固定やキタサンの3着固定を入れたら面白いかも。
⑪→(⑬、⑭、⑮、⑯)→(⑬、⑭、⑮、⑯)
⑪→(⑬、⑭、⑮、⑯)→①
(⑬、⑭、⑮、⑯)→(⑬、⑭、⑮、⑯)→① の28通り買いも良いかも。


なお、ブログに書いた過去二回はこちら↓
https://cross-natural9.blogspot.jp/2012/12/57g12500.html
https://cross-natural9.blogspot.jp/2011/12/g12500.html

2016/12/24

買い指値を入れた途端に売り気配になる現象

今週、Twitterに動画を何本かアップローダにUpしたとTweetしましたが、サーバから無くなる前にいつも通りニコニコにもUpしました。そのリンクを貼るついでにと言ってはなんですが、各動画の解説を付け加えたいと思います。今回は上三つ、年末に下二つの部分についてやりたいと思います。
なお、約定音はバルーンファイト(下から浮き上がってくる泡を取った時の音)です。

いつの間にかニコニコの古臭い視聴画面がHTML5ベースのモノに切り替わって居たんですね。
http://blog.nicovideo.jp/niconews/563.html?ref=watch_html5_header
これは朗報です(´∀`)
☆ ニコニコに再UPした動画一覧

[6541] グレイスT [20161221]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30268981
寄り付く瞬間の1秒を1/50倍速で見てみると・・・
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30269084
先頭の方に買い指値した途端に悶絶売り気配
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30274478
これぞ【ザ・追いかけっこ】っていう部分
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30269455
これぞ【ザ・追いかけっこ】っていう部分・・・②
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30288014

一番上は今回のベースとなる動画です。まずご覧下さい。
一番右の板画面が東証フル板のデータ、その左が同銘柄同時刻のFLEX板のデータ(いわゆる8本値)のデータです。1分20秒ぐらいの所でドラッグに失敗して投げ遅れてしまい、直後暴落して涙目になっている部分があります(´;ω;`)ブワッ

二番目は題名通り寄り付く瞬間を1/50倍速で再生したものです。
動画の編集、リエンコなどには普段からペガシスの
TMPGEnc Video Mastering Works 6(http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/tvmw6.html
を使っているのですが、再生速度を変える機能に初めて気が付いた(←遅すぎw)ので使ってみました(;´∀`)
よっぽど鈍い人じゃない限り、ディーラー経験のある人なら誰もがFLEXの方がフル板よりほんのちょっとだけ速いという事を体感的に知っていると思いますが、それが実証された形になりますね。全然遅いです。

当時から本当に腑に落ちないというか、不思議なのは、直接職場に来てるはずのフル板のデータの方が海外の情報ベンダーのサーバを経由してから配信されているFLEXのデータよりも遅い、という事。
何の意図があってそんな風にしてるんですかねぇ・・・┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

三番目が本題。まさにインチキアルゴの真骨頂という動画(必見)

 単に暴落しただけじゃないよ・・・
 気配だよ、気配!(憤怒)


これを木曜日の一日だけで4回も食らったんだが・・・
偶然では絶対に起こりえない!
※ 「板薄いからやろ?」 ← いいえ、インタートレードでも食らいました(>_<)

アローヘッドになる前は当然ですが、そうだな・・・2012年ぐらいまではこういう事は殆ど無くて

 買い(売り)を持った途端に売り(買い)気配になって茫然・・・ ← 年5回
 買い(売り)を持った途端に買い(売り)気配になって歓喜ww ← 年2回

まあこの程度の事、本当にイレギュラーって感じだったんだけど、ここ2~3年は・・・特に今年からが本当にヤバくて、こういう超理不尽なヤラレ方を週五日のうち四日、そして各日ごとに1~2回、週に8回ぐらい食らいます・・・
完全に何かされてますわ(確信)

なお、買った途端に買い気配wwwみたいなのは相変わらず年2回な模様(;´・ω・)
絶 対 に お か し い で す よ ね (迫真)


「じゃあ、この期間に一体何が変わったの?」 ← それはまた次回。

2016/12/03

2016年下半期・成績まとめ

週報・月報を整頓・削除する(;´∀`) ・・・ために
2016年下半期(2016/06~2016/11)の成績をまとめました。

営業日 勤務 休み 遅刻 早退 休暇率(%) 早退率(%) ガソリン代
(円)
22 20 2 11 9.09 55.00 20643
20 20
9 0.00 45.00 7460
22 21 1
9 4.55 42.86 10072
20 20
5 0.00 25.00 17480
20 19 1 8 5.00 42.11 20000
20 20
1 0.00 5.00 20000
124 120 4 0 38 3.23 31.67 95655
勝ち 負け 勝率(%) 売買収益
(万)
売買代金
(百万)
前場レシオ
(%)
後場レシオ
(%)
20
100.00 208.3 7360 77.29 22.71
20 100.00 263.3 13244 73.79 26.21
21
100.00 141.1 3536 81.22 18.78
20
100.00 160.1 5491 72.14 27.86
18 1 94.74 129.0 5278 72.79 27.21
20
100.00 160.8 4815 66.79 23.21
119 1 98.33 1062.6 39528 74.04 25.96

一日平均
売買収益
8.86 万  一日平均
売買代金
32940 万 
収益
TOP 3
+ 29.6 万  07/22 損失
TOP 3
- 11.2 万  10/28
+ 24.7 万  07/29 - *.* 万 **/**
+ 23.4 万  07/21 - *.* 万 **/**