2015/12/22

PC環境再構築へ ~職場のPC~

先にこちら(http://cross-natural9.blogspot.jp/2015/12/blog-post_20.html)で宣言してた発注端末のモニタ構成入れ替えの結果からです。

左下2K+左上1K+右下2K+右上1K の構成から 左下4K+左上2K+右縦4K という最終形態に向けての第一段階として、まずは朝方、右下2Kを家から持って来た4Kに変えて 左下2K+左上1K+右下4K+右上1K にしました。

なお、ちょっと寝坊したのもあって微妙に寄り付きに間に合わなかった模様(;´∀`)
結局、東芝と新規上場3銘柄の寄り付きをちょろっとやっただけでした(´∀`*)ウフフ

10時半以降は4Kのモニタ眺めながらいや~ホント画面広く使えるな~なんてニヤニヤしながら表示させてるWindow群を移動させて頭の中でシミュレーション・・・

 これ?4K+4K+2K も要らなくね?
 4K+2K+2K で十分足りるんじゃ?

昼休みに入ってから、まず右上の1Kを外して4Kを縦置き(左下2K+左上1K+右縦4K)にして色々を設定した上でさらに、ここまでやったんなら後場の事なんか考えず最後までやっちまえ!ってな感じで、朝取り外した(家に持ち帰るはずの)2Kモニタを左上の1Kと置き換えて 左下2K+左上2K右縦4K の構成まで一日で持って行きました!
後場は結局Windowの配置を色々試してただけで商いは殆どやりませんでした(´▽`*)アハハ

結果、右のような最終形態となりました!今後、出力出来る画面数が変わらない限りはこれ以上にする必要は無いと思います。 画面の表示領域の限界で板画面の殆どが上下13本程度の表示だったのに対して、ほぼ全て30本表示出来る様になった事は本当に大きいです!


ここからはこちら(http://cross-natural9.blogspot.jp/2015/12/blog-post_21.html)の続きです。左の2枚のQuickと中の2枚の自前PCについてです。

4K4画面のVGAカードですが、発注端末の回の時にPC側の制約でNVS510を選びましたが、自分で自由に選べるというのであったなら↓の中から選びたかったです。
 http://www.acube-corp.com/products/firepro-3d-graphics/
のW4300とかW4100あたり。いいかな~と思った(´∀`)
ACUBEっていうメーカーを今回初めて知ったんだけど、1スロットで小型PCにも組み込みやすい4画面以上出力出来るカードって他に作ってる所あんま無くないか?って事で、ウチらは当然ですが多画面が必要不可欠な個人投資家の皆様にとっても要チェックなメーカーであり、製品群だと思います。

そこで自前PCの話ですが、出力性能は以外は高くなくて良いので、http://www.asrock.com/mb/Intel/H110M-ITXD3/index.jp.asp のよう安価なボードに i5 突っ込んで、今使ってるPCのメモリやSSD・HDDを使いまわせば十分です。現状2K・2画面分しか必要は無いけど、不確定な将来に対して選択の余地をより多く残すためにも、上記のW4300とかW4100のカードを買って4K・4画面に対応させておきたい・・・。そうすることでVGAも十分な性能になります。但し、VGAカード側に500W推奨とあるので電源には気を配っておく必要があります。
なお、2Kのモニタは2016年中に2枚とも4Kにするつもりです\(^o^)/

Quick用PCも同様かな?
職場の人は素のPCに持って来てくれればインストールしますよ!って言ってくれてるんだけど、いっつも後回しになってしまってたんだよね・・・。ちなみに、もう8年ぐらい同じPC使わされてるからそろそろ何とかしとかないと普通に壊れる可能性わりと高いわ(;´・ω・)
余りパーツとそれなりの性能のCPU+MBで組んであげれば良いかな?って感じ。


こんな感じで、わりと出費は嵩むけど2016年は気長に環境整備していくつもりです!

0 件のコメント:

コメントを投稿